暖春待望!

院長の坂井です。いよいよ新元号が発表されますね。

昭和生まれの院長としてはなんだか複雑な気分ですが、アナログ機器全盛期に録音したカセットテープをラジカセで聴くことがのんびりできるときの楽しみになっております。

さて、 60歳以上の男女が失って後悔しているもの第1位は『歯』というアンケート結果(61%)が出ています。

歯の欠損は生活の質の悪化につながる要因になるとのこと。

口を開けたり閉じたりして噛んで食べるという行為は血液の循環を促し、脳に酸素を送ったり刺激を与えたりするため、中枢神経を活性化し認知症を予防するといわれます。

この頃物忘れが多くなって落ち込むことが多くなった坂井ですが、「口腔ケア」「定期検診」をしっかり継続して、この先も心身ともに健康で過ごせるようにしていきたいものです。

3月中に根雪が無くなるのは29年ぶりのことで、外気温はプラスですが、風が冷たいので外出時は注意しましょう。

年度末の忙しさで疲れた体を癒しにぜひお越し下さい。

心機一転